HOME > 事業案内 - 化粧品評価事業

化粧品評価事業

近年、急速に進む高齢化などを背景に、健康や美容への意識が高まっております。
消費者の「病気にならないようにしたい」「いつまでも綺麗でいたい」といった意識が健康食品や機能性化粧品に対する関心を高め、インターネットの普及も相まって消費者の知識量も向上しています。
その一方で市場には商品イメージだけを優先し、機能性のはっきりしない商品も見受けられます。
このような市場の中で自社商品を輝かせるには差別化が必要です。
リライフは安全性や機能性のエビデンスを正しく構築することで自社商品差別化のお手伝いをしています。
また、正しいエビデンスは消費者保護の観点からも重要であると考えています。

臨床試験(ヒト試験)

clip_1.jpg弊社では高いエビデンスを得る為の健常人または有疾病者を対象とした商品の安全性・有効性試験を実施することができます。また、試験実施前には提携医療機関の倫理審査委員会にて審議を受けることができます。


 【代表例】

上記に記載のない評価項目はお問い合わせください。
ご依頼いただいた評価項目に合わせて御社独自の試験方法確立を行います。


非臨床試験(in vivo 試験)

臨床試験(ヒト試験)を実施する前に、商品の安全性や有効性を検証することをお勧めしています。
非臨床試験の結果から臨床試験の実施方法を検証します。また各種動物モデルを導入・開発しており、御社の試験目的に沿った精度の高い試験結果を得ることが出来ます。

※提携研究機関で実施

安全性
• 単回投与毒性試験
• 反復投与毒性試験
• 皮膚腐食性試験
• 皮膚一次刺激性試験
• 眼粘膜刺激試験
・経口・経皮血中動態
有効性
• 育毛促進作用
• 発毛・育毛評価



in vitro 試験

提携研究機関とともに各種細胞を使用した試験もお受けしています。