HOME > 事業案内 - 臨床研究支援事業

医師主導臨床研究 支援事業

私たちは、EBM(Evidence-Based Medicine)を確立する為に、科学的根拠に基づいた医療のためのエビデンス構築を臨床研究事務局としてトータルにサポートいたします。

jigyou-01-01.jpg


医師主導臨床研究 成功のポイント

医師主導臨床研究に参加している医師は臨床研究と通常診療を行わなければならず、労力および時間的なコストは膨大なものとなっており、医師主導臨床研究は治験に比べて症例組入れが遅いと言われています。jigyou-01-02.jpg
リライフでは、地域密着型SMOとタッグを組み、症例の組入れを短期間に済ませる施策を取ることで医師への負荷や試験コストを低減し、症例組入れのスピードアップを図ります。
試験実施には研究実施計画書の作成やデータマネジメント、統計解析など専門知識を必要とする業務から、症例進捗の管理や、報告書作成など多岐に渡ります。
私たちは、研究検討段階から報告書作成までの一連のサービスをノンストップで実施し、臨床研究の更なるスムーズな運営をサポートします。

jigyou-01-03.jpg